小羊の悲鳴は止まない

好きな映画を好きな時に好きなように語りたい。

映画とお酒

目次




初めに

こんばんは、レクと申します。
今回は映画に登場するお酒にスポットを当てて語っていこうかと思っております。


映画「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」より

お酒に興味のある方はお付き合いください(笑)



お酒とは?


缶チューハイに記された点字"おさけ"

酒(さけ)は、エタノール(アルコールの一種)が含まれた飲料の総称。「お酒」という丁寧な呼び方もよく用いられ、「酒類」や「アルコール飲料」、またソフトドリンクに対して「ハードドリンク」とも呼ばれることがある。西洋ではワインに相当する語彙が総称として用いられることがある。
Wikipediaより引用

お酒にも幾つか種類があります。

  1. 醸造酒:原料をそのまま、もしくは原料を糖化させたものを発酵させた酒。
  2. 蒸留酒醸造酒を蒸留し、アルコール分を高めた酒。
  3. 混成酒:酒(蒸留酒が主に使われる)に他の原料の香り・味をつけ、糖分や色素を加えて造った酒。

原材料も米や芋、葡萄など様々なものが使われています。


「お酒は20歳になってから」
我が国、日本では未成年者飲酒禁止法により、20歳未満の飲酒と購入、20歳未満への販売・提供が禁止されています。

未成年者の飲酒及び飲酒運転はダメ、絶対。



専らのビール党

自分は専らのビール党なんです。
ウイスキーや日本酒、焼酎、泡盛なんかも飲みますが(笑)

カクテルやワインなんて洒落たお酒は飲みません!

洋酒の分類ではウイスキーやバーボン辺りしか飲まないので、ちょっと飲んでみたいなーと思いつつもあまり飲む機会のないお洒落なお酒が登場する映画(個人的偏見)を紹介していきます。



映画とお酒

では早速、映画タイトルと共にお洒落なお酒を挙げていきます。





映画「カクテル」より

レッド・アイ (Red Eye)
ビールベースのカクテル。ピルスナースタイルのビールにトマト・ジュースを加えたもので、赤色のカクテル。やや大きめの細長いグラスで出されることが多い。スライスしたレモンが添えられていることもある。
Wikipediaより引用

作中では卵黄を入れており、赤い眼のように見えるのが特徴でした。
レッドアイ自体はよく見かけるのですが、ビアカクテルは飲んだことがないんですよね。

セックス・オン・ザ・ビーチ(Sex on the beach)
ウォッカベースのカクテルの一種である。
名前は同じで材料の違うバリエーションが多数存在する。 メロン・リキュールをピーチ・リキュールに変えたもの、グレープフルーツジュースやクランベリージュースを使うものなどがある。
Wikipediaより引用

女性に人気の飲みやすいカクテル。

この作品「カクテル」では様々なカクテルが登場しますが、中でも有名なのがこの2つです。





映画「カサブランカ」より

G.H.マム(メゾン マム)は、フランス北部のランスに位置する最大級のシャンパン生産者である。
マムは表ラベルに施されている赤いリボンが有名。こちらのコルドン・ルージュは、レジオンドヌール勲章の受賞者に授与される赤色の綬 (フランス語でコルドン・ルージュ) からヒントを得たものである。
Wikipediaより引用

一度は聞いたことのある名台詞『君の瞳に乾杯』と共に飲まれたお酒です。





映画「プリティ・ウーマン」より

ヴーヴ・クリコ(Veuve Clicquot Ponsardin)はフランスのシャンパンのブランド。LVMHグループの企業が製造・販売している。
Wikipediaより引用

甘口で飲みやすいのが特徴。
作中ではイチゴを入れてシャンパンを引き立てるというオシャレな演出がされてました。





映画「タイタニック」より

モエ・エ・シャンドン(仏: Moët & Chandon
現地ではモエッテ・シャンドンと発音)は、フランスの世界有数なシャンパン製造会社、あるいは同社が製造するシャンパンのブランド名。
Wikipediaより引用

有名なドン・ペリ二ヨンモエ・エ・シャンドン社の高級シャンパンです。





映画「コンスタンティン」より

アードベッグArdbeg
アードベッグ蒸留所製造。ピートの煙臭の濃度は全モルト中最高の50-55ppm。ブレンデッドウイスキーバランタイン」に用いられ、同酒を構成する「魔法の7柱」のひとつに数えられる。モルトウイスキーとしての流通量は少ない。
Wikipediaより引用

コンスタンティンの愛飲。
アルコール度数46度の男の酒って感じです。
酒とタバコ、身体には悪い組み合わせですがこの映画を観ると堪らない嗜好品です(笑)





映画「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」より

イエーガーマイスター(Jägermeister)
ドイツ産のリキュール銘柄である。アニスや甘草など、実に56種類ものハーブが使われている。アルコール度数は35度、エキス分は15.7%、濃い赤色をしている。
Wikipediaより引用

記憶を失くすほど飲んではいけません(笑)





映画「サタデー・ナイト・フィーバー」より

シーエフシージャパン 7UP(セブンアップ) 355ml缶×24本入

シーエフシージャパン 7UP(セブンアップ) 355ml缶×24本入

作中で注文した7&7というお酒はセブン・クラウンと7UPを割ったオシャレなカクテルです。





映画「007 スカイフォール」より

ドン・ペリニヨン(仏: Dom Pérignon[※ 1])は、フランスのモエ・エ・シャンドン(Moët et Chandon)社によって生産されるシャンパンの銘柄。俗にドンペリとも呼ばれる。
Wikipediaより引用

死ぬのは奴らだ』以前はドン・ペリニヨンを愛飲していたそうです。
高イメージしかないシャンパンですね。

死ぬのは奴らだ』からボランジェを正式にタイアップしたそうです。

因みに『スカイフォール』ではボランジェ ラ・グランダネが出されていたそうです。






すごいお洒落(笑)
ついでに自分が飲んだことのないビールが使われる映画は無いものか、探してみました。

なんと、上記に紹介した映画の中にありました!


映画「タイタニック」より

ポーター(Porter)は暗い色を持つエールに類するビールの一種である。
Wikipediaより引用

作中で飲まれていた黒ビールは恐らくポーターではないかという説があります。

シャンパンは上流階級、黒ビールは三等客室で飲まれたことから、この2つのお酒が身分対比を表しているという見方もあるようですね。

おいしそう…。



よく映画に出てくる代表的なビールと言えば

この辺りですかね?
バドワイザーはちょっと薄い…かな?
他は嫌いじゃないです。



酒は呑んでも呑まれるな!

どのお酒も手を出そうと思えば出せる金額だと思います。
ドンペリはちょっとキツイけど。

映画の登場人物たちが愛したお酒。
一度は味わってみたいものですね!



今回もお読みいただいた方、ありがとうございました。



カクテル [Blu-ray]

カクテル [Blu-ray]

カサブランカ [Blu-ray]

カサブランカ [Blu-ray]

ハングオーバー! [Blu-ray]

ハングオーバー! [Blu-ray]